最新の更新

【展示品処分】AccuphaseのAB級ステレオパワーアンプ『P-7300』の展示品処分を行います。展示期間約6カ月のお買い得品です。

AccuphaseのAB級ステレオパワーアンプの、 現行モデルで、最上位モデルでもある『P-7300』の展示品処分を行います。 ※Accuphase P-7300 AB級ステレオパワーアンプ 今年(2018年)の1月中旬に展示を始めたばかりですが、 予定より早...

2018年7月14日土曜日

【展示機導入】上位モデル『10 Series』の技術を継承した新製品、SACDプレーヤー『SA-12』とプリメインアンプ『PM-12』の展示を開始しました。

『OTOTEN 2018』で参考出品されていたmarantzの新製品、
SACDプレーヤー『SA-12』とプリメインアンプ『PM-12』の出荷が開始されました。

『OTOTEN 2018』での発表の様子はこちら↓
https://nojima-audiosquare.blogspot.com/2018/06/ototen-2018denonmarantz.html


本日、店頭にも展示デモ機が到着。さっそく展示を開始させて頂きました。


『SA-12』には、上位モデル『SA-10』に初めて搭載された、
オリジナル・ディスクリートD/Aコンバーター『Marantz Musical Mastering』が搭載されました。


※marantz SA-12 USB-DAC機能搭載SACDプレーヤー NEW

定価は『SA-10』のちょうど半分にあたる300,000円(税別)。
D/Aコンバーターの基本回路、ドライブメカ、電源トランスなど、
『SA-10』と同じものが採用されている、ハイコストパフォーマンスな弟モデルです。

その上でクロック回路には、『SA-10』に搭載されていたものより、
さらに15dBも位相雑音の改善を実現した、最新世代の超低位相雑音クロックを、
44.1kHz系、48kHz系の周波数に合わせ2基採用しています。

正式出荷前に先行で、marantz試聴室で聴かせて頂きましたが、
音のディテール描写に関しては『SA-10』を超える能力を持っていました。



『PM-12』は、『PM-10』と同じスイッチングアンプ・モジュールを採用しています。


※marantz PM-12 プリメインアンプ NEW

採用されたアンプ・モジュールはHypex社のNCore『NC500』。
『PM-10』ではBTL接続で使用していましたが、『PM-12』ではシングルで使用しています。
パワーアンプ用のスイッチング電源モジュールも、『PM-10』と同じものを採用。
プリ部と、パワー部にそれぞれ別の電源を用意する事で、互いの干渉を抑えています。

『NC500』モジュールのコンパクトさを活かし、
スピーカー端子基板にモジュールを直接固定する事で、
モジュール端子間の配線の引き回しを、たった10mmと驚異的に短縮しています。


また『PM-10』と同様に、充実したプリアンプ部も特徴です。
プリアンプ部は専用の電源トランスを中心とした電源部を含め、全体の60%を占めます。
プリの基板だけでも全体の30%以上と、上位クラスを超える充実したプリアンプです。
また、新設計のフォノイコライザーもトピックスです。

『PM-10』に比べ、低域から中低域部に厚みを持たせたサウンドバランスが特徴。
様々なスピーカーを気持ちよく鳴らしてくれます。


『SA-12』、『PM-12』は、上位モデルの『10 Series』と同様に、
『プレミアム3年保証』対象モデルとなっています。
保証延長には、ご購入後の登録が必要になりますのでご注意ください。
詳細は、こちらからご確認ください↓
http://www.marantz.jp/jp/Support/Pages/PremiumWarranty.aspx



marantz
SA-12 USB-DAC機能搭載SACDプレーヤー NEW
定価300,000円(税別)

再生対応ディスク
 ・SACD、CD、CD-R、CD-RW
 ・DVD-R等のデータディスク(DSD系・最大5.6MHz、PCM系・最大192kHz/24bit)
出力端子
 ・RCA端子*1系統
 ・ヘッドフォン端子(Φ6.3mm)*1系統
デジタル出力端子 : 同軸1系統、光1系統
デジタル入力端子
 ・同軸、光*各1系統 : 最大192kHz/24bit対応
 ・USB-A端子*1系統 : DSD系・最大5.6MHz、PCM系・最大192kHz/24bit
 ・USB-B端子*1系統 : DSD系・最大11.2MHz、PCM系・最大384kHz/32bit
サイズ : W440mm*H123mm*D419mm(最大サイズ)
重量 : 16.4kg


PM-12 プリメインアンプ NEW
定価300,000円(税別)

定格出力 : 100w+100w(8Ω)、200w+200w(4Ω)
周波数特性 : 5Hz~50kHz(±3dB、CD、1w、8Ω)
ダンピングファクター : 500(8Ω/20Hz~20kHz)
入力端子
 ・アナログ入力(RCA端子)*5系統
 ・フォノ入力(MM/MC対応)*1系統
 ・パワーアンプダイレクト入力(RCA端子)*1系統
出力
 ・RECアウト*2系統
 ・ヘッドフォン端子(Φ6.3mm)*1系統
消費電力 : 130w
サイズ : W440mm*H123mm*D453mm(最大サイズ)
重量 : 15.3kg


『PM-12』、『SA-12』のご紹介はこちら↓
https://nojima-audiosquare.blogspot.com/2018/06/ototen-2018marantzsacdsa-12pm-12.html


7月21日(土)に、発売記念試聴会を開催します。


試聴会の詳細こちら↓
https://nojima-audiosquare.blogspot.com/2018/06/721marantzsacdsa-12pm-12.html


『12 Serise』の発売に伴い、
『SA-14S1』、『PM-14S1』の最終入荷分を、特別価格でご提供中↓
https://nojima-audiosquare.blogspot.com/2018/06/marantzsacdsa-14s1pm-14s1.html

台数限定ですので、お早めにお声がけください。
オーディオスクェア藤沢店 TEL 0466-31-0603




▽△

0 件のコメント:

コメントを投稿

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています
ノジマ・オーディオスクェアは、Accuphase製品、神奈川県No.1の正規取扱い法人です。メンテナンスも含めご相談お待ちしています。