最新の更新

6月2日(土)に、ACOUSTIC REVIVEのアクサセサリー試聴会を開催します。話題の『PC-TripleC/EX』導体を採用した、トップエンド・ケーブルも登場します。

6月2日(土)の試聴会は、ACOUSTIC REVIVEのアクササリーをご体験頂きます。 今回はケーブルをはじめ、オーディオボードやルームチューニング用のパネルまで、 幅広くACOUSTIC REVIVEの魅力をご体験頂きたいと思います。 ケーブルに関しては、話題の導...

2017年8月15日火曜日

【展示機導入】DENONの薄型CDプレーヤー『DCD-100』の展示を開始しました。『DRA-100』と組み合わせてデモンストレーション開始です。

DENONのスロットインメカを採用した、薄型CDプレーヤー『DCD-100』の展示を開始しました。


※DENON DCD-100 CDプレーヤー(上) NEW
DRA-100 ネットワークプレーヤー機能搭載プリメインアンプ(下)


先行で発売され、評価の高いネットワークプレーヤー機能を搭載した、
プリメインアンプ『DRA-100』とのシステムアップを前提としたCDプレーヤーです。
『DRA-100』と同じ横幅サイズを採用し、上下アルミパネル厚も5mmと合わせています。
この5mm厚のアルミパネルと、1mm厚のスチール製シャーシに、
シリコンラバーを介してCDメカニズムを取り付ける事で、震度対策を行っています。

薄型、コンパクトな製品ですが、CDトランスポートとして考えても、
低価格機の中ではかなり凝った仕様と言えるでしょう。



『DCD-100』とペアとなる、プリメインアンプ『DRA-100』は、
ネットワーク再生、Bluetoothによるスマホとの接続、
フロントUSB端子を使用してのiPod/iPhoneとのデジタル接続に対応と、
ファイル再生を基準に考えれば、十二分な機能と性能を持っていますが、
やはり、CDを直接聞きたいというお客様も多く、発売が待ち望まれていた製品です。


『DCD-100』と『DRA-100』を、デジタル接続する事によって、
『DRA-100』の高性能なデジタル処理技術をフルに使用する事が可能になります。

入力された信号は、DENON独自のデジタル補正技術『ALPHA Plocessing』の最新版、
『Advanced AL32 Processing』で、16bitの信号を32bit精度にアップコンバートするとともに
44.1kHzのサンプリング周波数を、88.2kHzにアップサンプリングする事で、
時間軸上の情報量も拡大させています。

処理された信号は、デジタル信号のまま、
新世代クラスDアンプ『DDFA』を採用したアンプ部に送り込まれます。
この場合、入力された信号は最終段のPWM変調&アンプ出力に至るまで、
全てデジタル領域で行う『フルデジタル・プロセッシング』を実現しています。

DENON『DRA-100』のご紹介はこちら↓
https://nojima-audiosquare.blogspot.jp/2015/09/denoncsrddfa2dra-100.html



DENON DCD-100 CDプレーヤー NEW
定価75,000円(税別)

対応ディスク : CD、CD-R・CD-RWに記録したMP3、WMAファイル
チャンネル数 : ステレオ
アナログ出力 : RCAアナログ出力*1系統
デジタル出力 : 同軸*1系統
サイズ : W280mm*H71mm*D305mm
重量 : 4.2kg
付属品 : リモコン(『DRA-100』コントロール可能)、同軸デジタルケーブル




▽△

0 件のコメント:

コメントを投稿

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています
ノジマ・オーディオスクェアは、Accuphase製品、神奈川県No.1の正規取扱い法人です。メンテナンスも含めご相談お待ちしています。