最新の更新

8月26日(土)は、YAMAHAのAVアンプを使用して、ホームシアターの魅力を再発見してみたいと思います。大画面&サラウンドシステムで、最新ゲーム『カーズ3』をご体験頂けます。

8月26日(土)は、YAMAHAのAVアンプを使用して、 大画面ホームシアターの魅力を再発見して頂くイベントを開催します。 当日は、お昼からの2部構成。 第1部は、ご家族皆さんで楽しんで頂く、 『映画だけじゃもったいない!!大画面&サラウンドシステムでゲームも...

2016年4月14日木曜日

本日の配送。今日はAccuphaseの純A級パワーアンプ『A-47』のお届けです。

今日は、オーディオスクェアの常連さん、藤沢市のK様宅まで、
Accuphase(アキュフェーズ)の純A級パワーアンプ『A-47』のお届けです。


※Accuphase A-47 純A級パワーアンプ

K様は、Sonus faber(ソナス・ファベール)の『Cremona M(クレモナM)』をご使用中。
お気に入りの、このスピーカーをさらに魅力的に・・・と、
今回パワーアンプの更新をお考え頂く事になりました。

K様の第一候補は、
ながく使われていたAccuphaseの『A-45』の後継モデルであり、
最新のAccuphaseの技術が詰まった『A-47』。
店頭にデモ機をご用意させていただき、2006年に登場した『A-45』から、
約10年ぶりに誕生した最新モデルの魅力をご体験頂きました。

Accuphase『A-47』のご紹介はこちら↓
http://nojima-audiosquare.blogspot.jp/2015/06/accuphaseaa-47.html


昨日からの雨も、お届けの時間帯には上がり、
順調に納品させていただく事が出来ました。



※K様宅のシステム

『A-47』と『A-45』を入れ替えるとともに、
ラックの上のTVをラックのより奥に移動させていただきました。

どちらかというと、音色の美しさが話題になるSonus faberですが、
設計に関する基本姿勢は、実は極めて理論的な最先端な考えがベースになっています。
少々後ろに傾ける設置は、ユニットのボイスコイルの位置を合わせる事で、
タイムアライメントを正確に取ろうという考えから。
リュートの形からインスパイアされたという、エンクロージャーの形状は、
ユニットからの背圧をコントロールし、内部定在波を抑えています。
『Cremona』以前の初期の製品群も、その多くが横から見ると台形になっており、
定在波のコントロールをしていました。
フロントバッフルに貼られた革も、バッフル面からの反射をコントロールする事で、
空間定位の向上を狙っているのです。

この様なスピーカーですから、設置された周辺の状態に敏感に反応します。
そこで、TVを20cm程奥に移動させることで、画面の反射の影響を低減させていただきました。
また、TVに布をかけることでも、
強い反射を低減できる事も、合わせてご体感頂きました。

ちょっとした事ですが、この変化にはK様も驚かれていました。


K様はAccuphaseの『DG-58』を使用して、音場補正を行っていらっしゃいますが、
ルームチューニングも同時に行っていただくと、より効果的になります。
店頭には、K様が気になっているという、
YAMAHAの調音パネル『ACP-2』の、貸出可能なデモ機もご用意していますので、
ぜひ、ご自宅でもご体験頂きたいと思います。




▽△

0 件のコメント:

コメントを投稿

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています
ノジマ・オーディオスクェアは、Accuphase製品、神奈川県No.1の正規取扱い法人です。メンテナンスも含めご相談お待ちしています。