最新の更新

明日18日から22日まで、【予約制イベント】Accuphase グレードアップ・カスタム・試聴会を開催します。

18日(水)から22日(日)まで、 【予約制イベント】Accuphase グレードアップ・カスタム・試聴会を開催します。 本日、イベントの為の準備を行いました。 ※イベントで使用するAccuphaseの製品たち 普段試聴会では、いろいろなパターンをメーカーさ...

2016年4月27日水曜日

Technicsから、レコードプレーヤーのレギュラー仕様モデル『SL-1200G』が正式発表されました。

『30分で、300台完売』と、普段オーディオとは縁遠い新聞等でもニュースになった、
Technicsブランド50周年記念モデルのレコードプレーヤー『SL-1200GAE』。

300台完売と言いますが、実際の注文数は、
30分の間に、延べ台数で700台オーバーだったそうです。


本日、幸運にも限定モデルを手に入れる権利を得た方のお名前が、
正式にTechnicsより連絡があり、皆さんにご連絡をさせて頂きました。


それと同時に、レギュラー仕様の『SL-1200G』の正式発表がされました。


※Technics SL-1200G レコードプレーヤー(標準仕様) NEW

と、仕様に関してメーカー担当者の方からの連絡内容を確認していますと、
『SL-1200G』の仕様が変更された旨が書かれていました。

変更場所は、なんとトーンアームのパイプの素材。

1月に開催された、アメリカの『CES 2016』でのプレ発表の際には、
限定モデル『SL-1200GAE』のトーンアームパイプはマグネシウム、
レギュラー仕様の『SL-1200G』はアルミ製パイプを使用するとされていました。

もちろん国内で『SL-1200GAE』が発表された際も、
『SL-1200G』では、アームの素材を変更する旨が伝えられていました。


ですが、今回レギュラー仕様の『SL-1200G』も
マグネシウム製パイプを使用する事が正式アナウンスされました


4月16日(土)、17日(日)の2日間、オーディオスクェア藤沢店で開催させて頂いた、
『SL-1200GAE・お披露目イベント』でも、
ご来店頂いた皆様に、秋に発売される『SL-1200G』は、
パイプの素材が変わります、というお話をさせて頂いていました。

『SL-1200GAE』お披露目イベントの会場↓
http://nojima-audiosquare.blogspot.jp/2016/04/41617technics50sl-1200gaetechnics.html

と同時に、Technicsのスタッフからは、
『一度マグネシウムを使用すると、アルミには戻れない』
というお話も、イベントの間の休憩時間に聞かせて頂いていました。


イベントが、正式申込日の4月12日(火)以降に開催され、
その時点で700名様以上からのオーダーを受けているという事実と、
ご来場いただいた皆様の、『SL-1200GAE』に対する期待感の高さや、
久々に登場する本格的ダイレクトドライブ式レコードプレーヤーに対する想い、
製品のレベルを、より上げたいという関係者の想い等が関係したのでしょうか。

なんと最終4回目の試聴会の最後に、
『GAEとGの違いは何ですか?』というお客様のご質問に、
大阪からいらしていたTechnicsの事業部の方が、
『Limited Editionである証明のプレートが無いのと、
インシュレーターの内部の素材と仕上げの2つです』
『アームは仕上げは変更しますが、その他は変えません』
と、ちょっとびっくりする回答をされていました。

おそらくあの時、どうしてもアーム素材を見直したいという、
強い思いが、思わず口から出てしまったのでしょう。

その結果かどうかは『?』ですが、
『SL-1200G』のアームパイプもマグネシウム製になったことは喜ばしい事です。


『SL-1200GAE』の紹介はこちら↓
http://nojima-audiosquare.blogspot.jp/2016/03/technics50sl-1200gae.html

『SL-1200GAE』のディテール写真・第1弾↓
http://nojima-audiosquare.blogspot.jp/2016/04/technicssl-1200gae.html

『SL-1200GAE』のディテール写真・第2弾↓
http://nojima-audiosquare.blogspot.jp/2016/04/2technicssl-1200gae.html


『SL-1200G』は、トーンアームのパイプの仕上げがマットシルバーになります。
また、インシュレーターの仕上げがメタリックブラックに変更されるのと同時に、
内部素材が『αGEL』から、特殊シリコンラバーに変更されています。


Technics SL-1200G ダイレクトドライブ式レコードプレーヤー
定価330,000円(税別) 受注生産品 9月9日出荷開始 

回転数 : 33・1/3、45、78r/min
回転数調整範囲 : ±8%、±16%
ワウ・フラッター : 0.025% W.R.M.S(JIS C5521)
SN比 : 78dB(IEC 98A Weighted)
トーンアーム形状 : ユニバーサルS字型トーンアーム・スタティックバランス型
               ※マグネシウム製パイプ採用
オーバーハング : 15mm
適合カートリッジ質量 : 14.3g~28.5g(ヘッドシェル含む/付属ウェイト2種)
サイズ : W453mm*H173mm*D372mm
重量 : 約18kg




▽△

0 件のコメント:

コメントを投稿

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています
ノジマ・オーディオスクェアは、Accuphase製品、神奈川県No.1の正規取扱い法人です。メンテナンスも含めご相談お待ちしています。