最新の更新

明日18日から22日まで、【予約制イベント】Accuphase グレードアップ・カスタム・試聴会を開催します。

18日(水)から22日(日)まで、 【予約制イベント】Accuphase グレードアップ・カスタム・試聴会を開催します。 本日、イベントの為の準備を行いました。 ※イベントで使用するAccuphaseの製品たち 普段試聴会では、いろいろなパターンをメーカーさ...

2016年4月12日火曜日

DALIの最新モデル『OPTICON 6』の展示を開始しました。今月のおすすめモデルです。

お待たせしました。
皆様からもお問い合わせの多い、
DALI(ダリ)の最新モデル『OPTICON 6』の展示を開始しました。


※DALI OPTICON 6 トールボーイ型スピーカー NEW

『OPTICON(オプティコン)シリーズ』は、DALIの名前を一躍世界ブランドにした、
『IKON(アイコン)シリーズ』の後継モデルとなります。

もちろん『IKONシリーズ』と同様に、DALI本社があるデンマーク製。
トールボーイ型には、DALI伝統のリボン型ツィーターが搭載されています。
また、ユニットの磁気回路(ポールピース部)には、
上位モデルの『EPICON(エピコン)シリーズ』から採用された、SMC材を使用することで、
ボイスコイル周辺の歪を大幅に低減することに成功しています。

この2点は、DALIの中でも『OPTICONシリーズ』が、
上位シリーズの一員である事の証明でもあります。


SMC材を使用した磁気回路に関してはこちら↓
http://nojima-audiosquare.blogspot.jp/2015/09/dali.html


店頭での展示は少し遅れましたが、すでにお客様宅では活躍を開始しています。


※先日納品させて頂いた、T様宅のシステム

配送設置ブログはこちら↓
http://nojima-audiosquare.blogspot.jp/2016/04/daliopticon-6.html


『OPTICONシリーズ』は、
『EPICONシリーズ』、『RUBICONシリーズ』の流れを汲む、
密度感が高く、低域も豊かで、
温かさを感じさせる明るいサウンドが魅力的。

高解像度感を、声高に全面に出すスピーカーではありませんが、
スピーカーからの音離れがよく、スムーズさを感じさせるサウンドは、
長時間音楽を聞かれる方には、ぜひおすすめしたい製品です。


DALI OPTICON 6 トールボーイ型スピーカー NEW
定価268,000円(ペア/税別)

形式 : 2 1/2+1/2way・バスレフ型
周波数特性 : 49Hz~32kHz(±3dB)
クロスオーバー : 800/2,200/14,000Hz
能率 : 89dB(2.83V/1m)
インピーダンス : 4Ω
搭載ユニット
 ・ツィーター : 28mmソフトドーム*1基、17*45mmリボン*1基
 ・ウーハー : 165mm*2基
サイズ : W195mm*H1,001mm*D330mm
重量 : 18.9kg


DALIがリボンツィーターを使用するのは、指向性の改善が主な理由となります。
実際に『OPTICONシリーズ』に採用されているドームツィーターのみでも、
実測では30kHz近辺まで十分に再生しているそうです。
しかし、ドーム型のツィーターは、超高域になる大変強い指向性を持つようになり、
高域はビーム状の狭い指向性となってしまいます。

その為、スピーカー正面から外れると、高域特性が一気に悪くなります。
一般家庭のリビングでは、ツィーターを自分に向ける、
いわゆる『モニターセッティング』を行うのは、大変難しいと言えます。
そこで、水平方向に対して広い指向性を持つリボンツィーターを組み合わせる事で、
スピーカーを内振りにせず、正面に向けるようなセッティングでも、
中抜けする事が無い明確な定位と、
左右に広がる空間を提供するためにリボン型ツィーターを組み合わせてます。

弟モデルである、ブックシェルフ型の『OPTICON 2』に関しては、
プライベートスペースでの使用を前提に、大型化を避けるためと、
ニアフィールドリスニングでは、スピーカー間が狭く、
中抜けの心配が少ない事を加味し、高域をドームツィーターのみで再生しています。




▽△

0 件のコメント:

コメントを投稿

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています
ノジマ・オーディオスクェアは、Accuphase製品、神奈川県No.1の正規取扱い法人です。メンテナンスも含めご相談お待ちしています。