最新の更新

【展示品処分】ESOTERICのネットワークオーディオプレーヤー『N-05』の展示品処分を行います。

ESOTERICのネットワークオーディオプレーヤー『N-05』の展示品処分を行います。 ※ESOTERIC N-05 USB-DAC機能搭載ネットワークオーディオプレーヤー ESOTERICのネットワークオーディオプレーヤーの魅力は操作性。 コントロール...

2018年3月2日金曜日

お待たせしました。I-O DATAからついに出荷開始。ネットワークオーディオサーバー『HDL-RA2HF』が入荷しました。

今年の年明けから話題の新製品、
I-O DATAのネットワークオーディオサーバー『HDL-RA2HF』の出荷がスタートしました。


『Soundgenic(サウンドジェニック)』と名付けられたこの製品、
ジャンルとしては、一般的に『NAS=Network Attached Storage』と呼ばれる、
ネットワークに接続できるHDDとなります。

「でも『NAS』って今までにも色々ありましたよね。
どうして皆さん、この製品をそこまで心待ちにしていたのですか?」

そう思われる方も多いと思います。

では、この『HDL-RA2HF・Soundgenic』が注目される点をご紹介します。


※I-O DATA HDL-RA2HF NAS・ネットワークオーディオサーバー NEW

①販売価格40,000円を切る手頃な価格。

でも、通常のNASで2TBのHDDを搭載したものなら、
高性能版でも半値位(20,000円位)でいくらでもあるのでは?とお思いの方も多いと思います。
PCとの接続をメインにしたNASは、オーディオ用途でのした場合、
ハイレゾ・フォーマットの中でも特に高品位なDSD信号系のファイルの、
ネットワークオーディオプレーヤーへの配信が出来ませんでした。
※PCからはDSD系のファイルを認識し、USB-DACへの出力が可能です。
『HDL-RA2HF』はそれらの高品位ファイルの、
ネットワークオーディオプレーヤーへの配信に対応しています。
しかもファイルに対応させる為の設定(一部NASでAppを入れる必要があり)が不要です。
DSDファイルに対応したオーディオプレーヤーは、
現在では5万円程度で数多のメーカーから発売されていますが、
それらの能力をフルに発揮させる(DSD系も含むファイル再生)為に必要なNASに関しては、
オーディオ向け製品に関しては10万円以上と言う状況でしたから、この価格は大変魅力です。
しかもNASですから、複数の機器に同時に音源を配信できるというメリットもあります。
※通常のUSB接続によるHDDは、PCとの1対1の使用を前提としており、
複数の機器で音楽データを共有する事は基本的には出来ません。


②NASでありながらUSB-DAC機能を搭載した機器に、直接データを送り込める。

現在では、USB-DAC機能を搭載した、CDプレーヤーやアンプが数多く出ています。
USB-DACは基本的にPCと接続して使用しますが、
オーディオ機器にPCをつなぐ事に抵抗のある方も数多くいらっしゃいますし、
実際にPCからの高周波ノイズが、再生クォリティに大きな影響を与えてしまいます。
さらにUSBケーブルは長距離の伝送に適しておらず、
PCをオーディオ機器のそばに置く事になり、結果操作性が悪くなるというジレンマがあります。


※I-O DATA HDL-RA2HF 背面

しかし『HDL-RA2HF』の背面にあるUSB端子を使用して接続した場合は、
音楽データは直接USB-DACへと送り込まれます。
しかもPCM系のFLACやWAV等だけでなく、DSD系のファイルにも対応しています。

『HDL-RA2HF』はオーディオ機器のそばに置いて接続。
選曲など操作は、PCやタブレット、スマートフォン等からネットワーク経由(LAN接続)で、
まるでネットワークオーディオプレーヤーを操作する様に、離れた場所から行えます。
しかも筐体はファンレス設計。
音楽鑑賞の邪魔になる回転音が無いだけでなく、ファンのモーターに起因するノイズが無く、
より高品位なデータをUSB-DACに送り込むことが可能です。

DSD系のファイルもUSB出力する機能が備わったオーディオ用NASは、
これまで15万円以上の高級機ばかりでしたから、
①でお話しさせて頂いた価格も含め、待っていました!!と言う方が多い事にも頷けます。


①②だけでも十分にお買い得なのですが、さらに嬉しい機能が装備されています。


③USB接続のBD/DVDドライブ等の光学ドライブがあれば、直接CDを取り込める。

PCを使用せずとも『Soundgenic』が直接音楽データベース『gracenote』にアクセスし、
楽曲情報やアルバムアート等のメタデータを取得してくれます。
しかも取り込みにエラーが無いか『AccurateRip』と連携して、
ビットパーフェクト判定を行ってくれます。
取り込み形式は、WAVとFLAC。
FLACに関しては『無圧縮』を含む3段階の圧縮レベルを選択できます。


④USB端子が2系統になった。

『Soundgenic』の上位モデルである『fidata』にはUSB端子は1系統しかありませんでした。
2系統となった事で、USB-DACに常時接続させながら、
③のCDリッピング用の光学ドライブを接続したままに出来ます。
またこの事を利用して、リッピングを行わずCDプレーヤー感覚でCD再生も行えます。
ドライブを使用しない場合は、USB・HDDを接続しておく事で、
新しい楽曲が追加される度に、自動的USB・HDDにバックアップを取ってくれます。
万が一の場合にも楽曲データが失われない、嬉しい機能と言えます。


その他にも、ハイレゾ音源配信サイト『e-onkyo music』の楽曲自動ダウンロード機能、
USB・HDDやUSBメモリーからの楽曲の直接取り込みにも対応します。
もちろん、PC上にある音楽データをネットワーク経由で移動、保存も可能です。


ネットワークプレーヤーを使用してきたけれど、PC用のNASを使用していて、
プレーヤーの能力をフルに発揮出来ていなかった・・・と言う方。
PCとUSB-DACで楽しんできたけれど、操作性に不満があった、と言う方。

『HDLRA2HF・Soundgenic』は、
そんな不満を今までにない低価格で解消してくれる機器と言えるでしょう。


初回入荷分が若干ございます。お早めに。


I-O DATA HDL-RA2HF ネットワークオーディオサーバー NEW
定価オープン 販売価格はお問合せ下さい

メディアサーバー対応ファイル形式
 ・wav、mp3、wma、m4a、m4b、ogg、flac、aac、mp2、ac3、mpa、aif、aiff、dff、dsf
USB-DAC出力対応サンプリング周波数
 ・PCM系 : 44.1、48、88.2、96、176.4、192、352.8、384、705.6、768kHz/16、24、32bit
※705.6、768kHzはwav、aiffのみ対応 
 ・DSD系 : 2.8、5.6、11.2MHz(DoP)
搭載HDD : 2TB
LANインターフェイス : RJ-45*1系統 / 1000BASE-T、100BASE-TX、10BASE-T
USB端子 : USB3.0*1系統、USB2.0*1系統
サイズ : W168mm*H43mm*D134mm
重量 : 約1.2kg
電源 : ACアダプター


対応USB-DAC等に関しては、こちらでご確認下さい↓
http://www.iodata.jp/product/nas/personal/hdl-ra2hf/spec.htm



次回入荷分のご予約も受け付けています。
オーディオスクェア藤沢店 TEL 0466-31-0603




▽△

0 件のコメント:

コメントを投稿

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています
ノジマ・オーディオスクェアは、Accuphase製品、神奈川県No.1の正規取扱い法人です。メンテナンスも含めご相談お待ちしています。