最新の更新

8月26日(土)は、YAMAHAのAVアンプを使用して、ホームシアターの魅力を再発見してみたいと思います。大画面&サラウンドシステムで、最新ゲーム『カーズ3』をご体験頂けます。

8月26日(土)は、YAMAHAのAVアンプを使用して、 大画面ホームシアターの魅力を再発見して頂くイベントを開催します。 当日は、お昼からの2部構成。 第1部は、ご家族皆さんで楽しんで頂く、 『映画だけじゃもったいない!!大画面&サラウンドシステムでゲームも...

2015年1月25日日曜日

ONKYOの新しいレコードプレーヤー『CP-1050』展示開始しました。

お待たせしました。
ONKYO(オンキョー)の新型レコードプレーヤー『CP-1050』が入荷しました。

さっそく、何時ものように展示開始。


※ONKYO CP-1050 ダイレクトドライブ式レコードプレーヤー

昨年の『音展 2014』で発表され、その際は定価10万円位で・・・というお話でしたが、
ふたを開けてみると実売54,000円(税込/定価OPEN)という、びっくり価格が設定されました。

手に入れやすい価格設定になりましたが、
価格から考えると、結構本格派です。


※CP-1050 アーム部

アームのベース部を見ていただければ、詳しい方は『あっ』と思うかと・・・。
ウェイトのデザインや色は違いますが、DENONの『DP-500M』と基本的に同じです。
アームリフターも装備されています。
インサイドフォースキャンセラーも、目盛り直読みで使いやすい設計です。

フォノケーブルは直出しではなく、RCA端子を装備。


電源もメガネ型ですが、交換可能です。

電源スイッチなどを配置したトップパネルもアルミ製。


シンプルなデザインは好感が持てます。
回転数は33 1/3、45回転に対応。ボタンで切り替えです。


ご購入を考えている方にとって、もっとも知りたい情報は、
DENONの『DP-500M』との違いは?となると思います。

主な違いは、
①ターンテーブル
  『DP-500M』のφ331mmに対して、『CP-1050』はφ305mmと少し小さめ。
  材質はどちらもアルミダイキャスト製です。
  回転の制御法の違いで、『DP-500M』には、
  ターンテーブルにマグネットが取り付けられています。
  『CP-1050』には、内周部にリブがありますが、『DP-500M』にはありません。
  また『DP-500M』は裏面にゴムによるダンプを施しています。
②モーターの起動トルク
  『CP-1050』は、1.0kgと小さめ。『DP-500M』は、4.5kgとなっています。
  この辺りは、定回転に達するスピードに影響があります。
  ONKYOはコギング現象を抑えるために、あえて低トルクモーターを使用したそうです。

『CP-1050』にもMM型のカートリッジが付属していますが、
ぜひ単体発売のカートリッジをあわせてご購入いただきたいと思います。
また、ターンテーブルの仕様と、ダイレクトドライブと言う駆動方法を考えたら、
東京防音の『THT-291』や、OYAIDEの『BR-12』の様な、
振動吸収性の高いターンテーブルシートを併用したいです。
(この辺りは『DP-500M』にも言える事です。)


本体重量の差は、主にターンテーブルの仕様と、モーターサイズに起因すると思われます。


ONKYO CP-1050 ダイレクトドライブ式レコードプレーヤー
定価OPEN → メーカー想定売価54,000円(税込) お値段お問い合わせください

駆動方式 : ダイレクトドライブ
回転数 : 33 1/3、45rpm
ワウ・フラッター : 0.15%以下
ターンテーブル : アルミダイキャスト製 Φ305mm
トーンアーム : スタテックバランス型S字アーム
オーバーハング : 15mm
針圧可変範囲 : 0~4g
適合カートリッジ質量 : 15~20g(ヘッドシェル含む)
サイズ : W450mm*H158mm*D367.5mm
重量 : 8.6kg

付属カートリッジ : OC-105 
 形式 : MM型
 出力電圧 : 2.5mV
 針圧 : 3.5g(±0.5g)
 カートリッジ質量 : 5.0g
 付属ヘッドシェル質量 : 10g



久しぶりにレコードを聞きたくなったベテランの方の、
再導入モデルとしても、案外あそび甲斐がある製品です。

また、ビギナーの初めてのレコードプレーヤーとしても魅力的。
初期投資を抑えられますので、
その分でカートリッジや、ターンテーブルシート、スタビライザーや、
シェル、シェルリード線等のアクセサリーを手に入れて、
アナログ再生のもうひとつの魅力を楽しんでいただけるのでは・・・、とも思います。

ちょっと贅沢ですが、フォノケーブルも取り替えてみたいですね。




▽△

0 件のコメント:

コメントを投稿

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています
ノジマ・オーディオスクェアは、Accuphase製品、神奈川県No.1の正規取扱い法人です。メンテナンスも含めご相談お待ちしています。