最新の更新

【展示品処分】LINNのレコードプレーヤー『Majik LP12』の展示品処分を行います。

LINNのレコードプレーヤーのベーシックモデル、 『Majik LP12』の展示品処分を行います。 ※LINN Majik LP12 ベルトドライブ式レコードプレーヤー 『LP12』は、LINNの歴史そのものとも言える製品。 基本となる『Sondek LP1...

2013年8月5日月曜日

8月18日(日)まで、Accuphase人気セパレートアンプの聴き比べができます。

Accuphaseの最新モデル、
プリアンプのC-2120と、AB級パワーアンプのP-4200。

展示を開始して、約2週間。
だんだん馴染んできたようです。

そこで、皆様からもご要望の多い、『Accupahse内のライバル対決!!』を行う事にしました。

 
※C-2120

 
※C-2420

まずは、プリアンプ対決。C-2120とC-2420。
どちらも、第3世代の『AVAA方式ボリュームコントロール』を搭載したプリアンプです。

どちらも、40周年記念モデルC-3800の能力に近づくため、
上位2bit分を並列駆動。実使用域での更なるS/Nのアップを果たしています。


さらに、パワーアンプ対決。

 
※P-4200

 
※A-46

そうです。AB級vsA級対決です。
P-4200は、90w+90w(8Ω)のAB級動作のパワーアンプ。
A-46は、45w+45w(8Ω)のA級動作のパワーアンプ。

1993年に発売されたA級パワーアンプ、A-50発売以降、
A級パワーアンプの人気が高いAccuphaseですが、
その間もAB級パワーアンプの良品を輩出し続けています。

P-4200は、
40周年記念モデルの為に開発された技術を搭載した、第1弾モデル。

A-46は、
40周年記念モデルに先行する形で、プロテクションスイッチにMOS-FETを採用した、
新世代Accuphaseパワーアンプの第1弾モデルです。


40周年記念モデルのエッセンスを巧みに取り入れた、
セパレートアンプのエントリー、C-2120とP-4200と、ミドルクラスのC-2420とA-46の対決です。

もちろん、各モデルを自由に組み合わせてのご試聴も可能です。


プリアンプ
C-2120 定価493,500円(税込) AD-30(フォノ)、DAC-40(USB入力対応DAC)内蔵可能
C-2420 定価714,000円(税込) AD-2820(フォノ)内蔵可能

パワーアンプ
P-4200 定価514,500円(税込)
A-46 定価630,000円(税込)


また、今ならLUXMANのセパレートアンプ、
C-600f&M-600Aと、A級パワーアンプの聴き比べもできます。
http://nojima-audiosquare.blogspot.jp/2013/07/luxmanvsaccuphase.html


▽△

0 件のコメント:

コメントを投稿

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています
ノジマ・オーディオスクェアは、Accuphase製品、神奈川県No.1の正規取扱い法人です。メンテナンスも含めご相談お待ちしています。